テキトウ組織論・KYチーム開発

KYなPMが組織論とかチーム開発とか頑張ってるログ(WIP)

心理学-パーソナリティーと知的能力

学習メモ 心理学 パーソナリティー

パーソナリティーとは、個人差、その人特有の「人となり」あるいは個性。知能と性格からなる。

心理的機能は知・情・意の三側面に分けられてきた。

知識、性格・性質、意志という感じ。全部ひっくるめてパーソナリティなので、知識とか知識の程度もパーソナリティに含まれる。パーソナリティ=性格みたいな単純な感じではない。

続きを読む

ロバート・キーガンの「なぜ人と組織は変われないのか」を読んだ

ロバート・キーガンの「なぜ人と組織は変われないのか」の書評と感想

だいぶ前に読んだんですが、そういえばブログにまとめてなかったなーと思い。

あと、最近起きるのがめんどくてw ファーウェイのスマートウォッチは「もうちょっと早く寝た方がいいよ」って言ってくれてるんだけどなんで俺は変われないんやっ!!?って考えた時にふとこの本の事を思い出したってのもありますw

続きを読む

社会学に触れて 脱常識の社会学(ランドル・コリンズ)を読んだ

ランドル・コリンズの「脱常識の社会学」を読んだ

ランドル・コリンズは

ランドル・コリンズ - Wikipedia

こういう人らしい。ちょっと読書メモ的に書き記していく感じにするので、支離滅裂なことがあるかもしれません。

続きを読む

トップ企業の人材育成力 ヒトは「育てる」のか「育つ」のか を読んだらとてもよかった

トップ企業の人材育成力 ヒトは「育てる」のか「育つ」のか

ある人にオススメされたので読んだんですが、冒頭から学びがあって良かったので書評的に書き留めておこうかなと。

ヒトは「育てる」のか「育つ」のかとありますが、テーマはそこだけにとどまらず、社内広報などの話題も語られています。またそれがちゃんと人事施策とつなげて記されているところも興味深いです

続きを読む

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織 を読んだ

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織 を読みました

原題は「Black Box Thinking : The Surprising Truth About Success」で、直訳すると失敗の科学ではないんですけどね。 面白かったので書評的に書いてみようかと。

続きを読む

OKRの四半期見直しは早いのか遅いのか

四半期OKR運用してみたよ

職場で四半期にわたってOKR運用してみた。その流れで自然と「そろそろ見直すべ」って話がチームから出てきた。

いろいろ本を読むと、「OKRは四半期ごとに見直すので、柔軟な運用が可能」みたいに書いてあるのがあったのだけど、個人的な感想で言うと四半期見直しでも"遅い"なって思った

続きを読む

客観視ってなんて難しいんだろう「象の鼻としっぽ: コミュニケーションギャップのメカニズム」

象の鼻としっぽ: コミュニケーションギャップのメカニズム を読んだ

会社の図書館でフラッと本を眺めていたら気になって手に取ってみた本です。

中身は大変興味深く。人間、コミュニケーションのギャップは必ず発生するものだと。その辺考えて、自分を客観視するってなんて難しいんだろうと考えたので、ちょっとメモ的に書いておこうと。

続きを読む